感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年7月17日更新
最新エントリ配信

   感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト
    

   <感動・感激・感謝>

1月29日(日)中国新聞朝刊に掲載されました。

時事通信社さんに全国配信していただきました。
ありがとうございました。

2月11日:産経新聞関東版
2月13日:沖縄・石垣島の
八重山毎日新聞

2月15日:長野日報

広島テレビ「テレビ宣言」
2月23日放映

↑クリックすると拡大

中国新聞朝刊
「D<団塊>のページ」(くらし面)に
「Shiozyの介護生活」
掲載していただきました。

↑クリックすると拡大

産経新聞関東版、
掲載紙入荷しました

それにしても秋篠宮さまの横とは恐れ多い


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。

感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●中国新聞連載エッセーNO4
●中国新聞連載エッセーNO3
●中国新聞連載エッセーNO2
●中国新聞連載エッセーNO1
●いよいよスタート
●謹んでご報告
●折り合いがつかない
●空の上の人たち
●介護生活@2題
●60歳のハローワーク
●眼をください2
●眼をください1
●欲、夢、命
●59本のバラを贈る
●島の思い出
●幻のギター
●私のおじちゃん
●未だ見ぬ我が子へ
●解決する知恵3
●解決する知恵2
●解決する知恵1
●新聞掲載狂想曲
●私のリターンマッチ最終回
●私のリターンマッチ3
●私のリターンマッチ2
●私のリターンマッチ1
●新年早々の悲劇、そして
●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)
・樂らくゼミナール
・Pちゃん・レンタックス
・珠玉の小箱
・自営業の妻、子育てしながら...。
・中国新聞ブログ「ぶんぶんの育休日記」
・大朝ふれあいりんご園


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。










↓↓こっちも押してくださるとうれしい。


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


  中国新聞連載エッセー第五弾


----------------------------------


   
『これがオヤジの生きる道』 NO5


   「愛」より花束

  言葉の代わり 効果満点


   (2006年7月16日付、中国新聞Dの頁掲載)


  ↓↓紙面はこんな雰囲気ね。

  




 突然ですが、私はこれまで五十七年生きてきて、
 
 「愛」とか「愛してる」とか言ったことがありません。


 「夫婦愛」「家族愛」「人類愛」など、

 表現のために「愛」という文字を

 使ったことはありますが、

 自分の気持ちとして「愛」は

 口に出すことはもちろん、

 文字さえも使ったことがありません。


 ましてや女性に「愛してる」などとは

 口が裂けても言いません。

 言えないのではなく、信念として言いません。


 「なぜ?」と聞かれてたら、

 「そんな照れくさいこと言えますか」

 と斜めに答えますが、

 本心は、軽々しく口に出す言葉ではない

 と思ってるからです。


 とまあ、こんな趣旨のことを以前、

 ブログ(日記風サイト)に書いたら、

 女性陣に総スカンくらいました。

 そりゃこっぴどく叱られました。

 性懲りもなくまた書くんかい。

 そんな声が聞こえてきそうですねえ。


 「男は黙って愛を語る」。

 私たち団塊の世代の男って、そんなもんですよね。

 なのに奥さま方は「口に出して言え」という。

 「黙ってちゃわかりません」とおっしゃる。

 「態度で示せ」と詰め寄ります。


 そこでシオジイは考えた。

 言葉にしなくても「愛」を伝える方法を。

 妻の誕生日に花を贈る。これです。

 「何だそんなことか。それくらいのことちゃんとやっとるわい」

 そういえる方はご立派です。


 私の場合、妻が脳梗塞で倒れた翌年から、

 年の数だけのバラを贈っています。

 自分で手渡すだけの度胸はございませんので、配達です。


 配達といえば、昨年こんなエピソードがありました。

 配達時にちょうどヘルパーさんが来られていて、その方が

 受け取ってくれました。

 連絡帳にこんなコメントが。


 「ちょうど私がおりましたので、

 替わりに受け取らせてもらいました。

 配達の方から受け取ったとき、

 思わず泣いてしまいました。

 お花をもらうという経験が

 これまでなかったものですから、

 自分がもらったような気分になってしまって…。

 感極まりました。

 奥さまの感動を私が取ってしまったようで

 申しわけありません。

 でも、素晴らしい感動を味わわせていただきました。

 ありがとうございます。

 ちょっぴり奥さまがうらやましい○○です。」


 花束で、妻とヘルパーさんの二人を

 感動させてしまいましたね。

 効果満点でしょ。

 口ベタな団塊男性諸氏、この手を使いましょうよ。


     ●


 【シオジイの今週の格言:鬼嫁にも花束を】


 (団塊ブログおやじ・塩崎周司 廿日市市)



--------------

 Shiozyのブログ愛読者さんなら、

 「どこかで読んだ記憶があるぞ」という話でしょうが、

 新聞紙上で初めて読む読者さん、

 なかでも、ブログなんかしらない、

 新聞の暮らし欄もめったに読まない、

 そんな団塊の男性を念頭においていますので

 こういうブログネタがこれから時々出てきます。

 同じ話のようで、ブログとは少々視点を変えて

 新聞では語っていこうと思っております。






  ●ご感想などありましたら↓↓こちらまで。

  メルアド:shiozy@3kan.net




  ●おかげさまで、エッセイー掲載初日の月曜日は

   ブログ「shiozyの介護生活」に

   1731ものアクセスをいただきました。

   ありがとうございました。




ありがとうございます

1月29日
3803
アクセスを記録
最近はこのへんが
定位置になってしまいましたあ。。。
↓↓


 

●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/

ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/
 ↑↑カチッとネ↑↑