感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年7月02日更新
最新エントリ配信

   感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト
    

   <感動・感激・感謝>

1月29日(日)中国新聞朝刊に掲載されました。

時事通信社さんに全国配信していただきました。
ありがとうございました。

2月11日:産経新聞関東版
2月13日:沖縄・石垣島の
八重山毎日新聞

2月15日:長野日報

広島テレビ「テレビ宣言」
2月23日放映

↑クリックすると拡大

中国新聞朝刊
「D<団塊>のページ」(くらし面)に
「Shiozyの介護生活」
掲載していただきました。

↑クリックすると拡大

産経新聞関東版、
掲載紙入荷しました

それにしても秋篠宮さまの横とは恐れ多い


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。

感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●中国新聞連載エッセーNO2
●中国新聞連載エッセーNO1
●いよいよスタート
●謹んでご報告
●折り合いがつかない
●空の上の人たち
●介護生活@2題
●60歳のハローワーク
●眼をください2
●眼をください1
●欲、夢、命
●59本のバラを贈る
●島の思い出
●幻のギター
●私のおじちゃん
●未だ見ぬ我が子へ
●解決する知恵3
●解決する知恵2
●解決する知恵1
●新聞掲載狂想曲
●私のリターンマッチ最終回
●私のリターンマッチ3
●私のリターンマッチ2
●私のリターンマッチ1
●新年早々の悲劇、そして
●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)
・樂らくゼミナール
・Pちゃん・レンタックス
・珠玉の小箱
・自営業の妻、子育てしながら...。
・中国新聞ブログ「ぶんぶんの育休日記」
・大朝ふれあいりんご園

「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。



↓↓こっちも押してくださるとうれしい。


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


  中国新聞連載エッセー第三弾


----------------------------------


   
『これがオヤジの生きる道』 NO3

   熟年離婚

   夫に「気づきの機会」を


   (2006年7月02日付、中国新聞Dの頁掲載)


  ↓↓紙面はこんな雰囲気ね。

  




 拝復 みつ子様 お手紙いただきました。

 今年の夏で、ご主人様定年退職を迎える由、

 おめでとうございます。

 長い間のお勤め、お疲れさまでした。

 どうぞゆっくり休ませてあげてください。


 とまあ、ここまでは型どおりのごあいさつですが、

 「定年を機に、離婚を考えています」というお手紙には

 正直驚いてしまいました。

 いまはやりの「熟年離婚」ですか。

 ふう、ため息が出ますね。


 「主人のここが悪い。ここが違う。そういうことではなく、

 一緒に生きていこうとする姿勢・情熱が感じられないのです」

 というお気持ちはなんとなくわかります。

 「いったい私はあなたのなんなの? たんなる飯炊き女?」

 これは良くわかります。

 耳が痛いです。昔、私もそうでしたから。


 わが家の場合、ご承知のように妻の秀子が

 五十五歳という若さで脳梗塞で倒れました。

 妻が倒れて初めて気がつきました。

 「ああ、私のために苦労したんだろうな。

 私のせいでこういう病気をもらったんだろうな」と。

 逆に言うと、もし妻が健康であったら

 「傲慢な亭主のまま」だったろうと思います。

 つまり、妻は自分の身体を犠牲にして、

 私に気づきのチャンスを与えてくれた。

 そういうことだろうと思います。


 気づきのチャンスをもらった私は幸せ者です。

 「これからは秀子のために生きる」という

 決意を固めることができましたから。

 これからの十年二十年を生きていくための

 「生きがい」をもらいましたから。


 私のような者でさえ、変わることができたのですから、

 どうぞご主人にも「気づきのチャンス」を

 つくってあげてください。

 男は口に出して表現するのがヘタクソですから、

 感謝のかけらもないように見えますが、

 けっしてそうではないのです。

 心の底ではきっと感謝してると思いますよ。


 「おれはこれからみつ子のために生きる」。

 そういってくれる日がきっと来るはずです。

 そのための時間をいま少しつくってあげてください。

 今回のことはずっと考えてこられたのだとは思いますが、

 短兵急な結論を出されないよう熟慮してください。


 「老後の夫婦」って、

 若いころとは違った味が出てきて、

 意外といいものかもしれませんから。

 熟慮専一に。



     ●


 【シオジイのお願い:「みつ子」をご自分(または奥さん)の名前に

 置き換えてお読みくださいね】



 (ブログ「Shiozyの介護生活」運営者=廿日市市)







  ●ご感想などありましたら↓↓こちらまで。

  メルアド:shiozy@3kan.net




  ●おかげさまで、先週月曜日は

   ブログ「shiozyの介護生活」に

   1731ものアクセスをいただきました。

   ありがとうございました。




ありがとうございます

1月29日
3803
アクセスを記録
最近はこのへんが
定位置になってしまいましたあ。。。
↓↓


 

●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/

ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/
 ↑↑カチッとネ↑↑