感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年6月15日更新
最新エントリ配信

   感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト
    

   <感動・感激・感謝>

1月29日(日)中国新聞朝刊に掲載されました。

時事通信社さんに全国配信していただきました。
ありがとうございました。

2月11日:産経新聞関東版
2月13日:沖縄・石垣島の
八重山毎日新聞

2月15日:長野日報

広島テレビ「テレビ宣言」
2月23日放映

↑クリックすると拡大

中国新聞朝刊
「D<団塊>のページ」(くらし面)に
「Shiozyの介護生活」
掲載していただきました。

↑クリックすると拡大

産経新聞関東版、
掲載紙入荷しました

それにしても秋篠宮さまの横とは恐れ多い


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。

感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●謹んでご報告
●折り合いがつかない
●空の上の人たち
●介護生活@2題
●60歳のハローワーク
●眼をください2
●眼をください1
●欲、夢、命
●59本のバラを贈る
●島の思い出
●幻のギター
●私のおじちゃん
●未だ見ぬ我が子へ
●解決する知恵3
●解決する知恵2
●解決する知恵1
●新聞掲載狂想曲
●私のリターンマッチ最終回
●私のリターンマッチ3
●私のリターンマッチ2
●私のリターンマッチ1
●新年早々の悲劇、そして
●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)
・樂らくゼミナール
・Pちゃん・レンタックス
・珠玉の小箱
・自営業の妻、子育てしながら...。
・中国新聞ブログ「ぶんぶんの育休日記」

ありがとうございます

1月29日
3803
アクセスを記録
最近はこのへんが定位置になってしまいましたあ。。。↓↓

 

●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/

ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/
 ↑↑カチッとネ↑↑


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。



↓↓こっちも押してくださるとうれしい。


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら





 いよいよ今度の日曜日(18日)、

 中国新聞エッセーがスタート(のはず?)です。


 載ってなかったら、それは私のせいではありません。(恥


 クレームはどうぞ新聞社の方へ。(汗


 ま、当日が来ればわかることで、

 ドキドキしながらお待ちください。(笑い

 ↑↑それはおまえだろっ。



 くどいようですが、

 もうお忘れの方がおられると思いますので

 もう一度書いておきますね。←ホントにくどい。



----------------------------------

 デビュー日は、6月18日(日)。


 媒体は、地元・中国新聞。毎週日曜日掲載。


 掲載面は、団塊の世代の頁「Dスクエア」です。


 エッセータイトルは「Shiozy的人生」

----------------------------------


 ということで、

 ただいま「読者獲得キャンペーン中」です。


  知人友人、親兄弟、

  道ですれ違った人、

  公園の野良犬、

  だれでも構いませんから

  「これを読め」と脅してください。



 おねげーしますだー、お代官さまーーー。

 ↑↑泣き落としかい。



 ええ、泣き落としですぅ。


 地元広島の方々へお願いです。

 (山口・島根のかたもね)


 どうぞ読んでやってください。


 そして、どうぞ感想などお聞かせください。



 いちおう「連載」ということになっておりますが、


 反響がない、ということになれば、


 即座に打ち切られる運命にあります。


 皆様の反響、

 ご感想、叱咤激励、反論、罵声。。。


 なんでもかまいません。


 声をお届けください。



 そして、


 もし、


 Shiozyを応援してやろうというお気持ちがおありなら


 私へのメールでも構わないのですが、


 できれば新聞社さんのほうへお届けいただくと


 泣いて喜ぶShiozyです。



 連載が10回で終わるか、もっと続くかは

 みなさまの声次第ですから。


 どうぞ、よろしくお願いいたします。



----------------------------------

D(団塊の世代)のページについての感想はこちらまで

 dankai@chugoku-np.co.jp

 件名:「Shiozy的人生」感想


----------------------------------



 なお、広島以外のかたで、

 「エッセーが読みたい」という

 奇特な方がおられましたら

 中国新聞をぜひご購読ください。

 地方発送も承ります。



 ↑↑これは冗談です。


 新聞社さんの許可をいただいて、

 掲載日の翌日(月曜日)に

 この3感ネットに転載させていただきます。


 どうぞ「ご笑読」ください。



 では、6月18日にお会いしましょう。




 メルアド:shiozy@3kan.net







●激励メールいただきました。



 いつもとても楽しみに拝見させていただいています。

今までの塩崎さんのみんなへの気持ちが

具体的にひとつの形になったのですから、

迷うことなくがんばって次に進んでいただきたいです。

もちろん、3kan.netが今しばらくお休みなのは残念ですが、

塩崎さんのみんなに与えたい、と思い続けてきたものが、

もっと大きな形でみんなに還元されるためのステップが

与えられたのだと思い、とても嬉しく思います。

これからもがんばってくださいね。

そしていつかまた、

メルマガを拝見できることをとても楽しみにしています。



日々の乾いた人間砂漠の世界、

いえ、近頃は涙や人の心さえも忘れてしまったかのような、

苦しみ、うめき、行き場のない悲しみや、やりきれなさが

巷に溢れています。

そのような中で、人の心に一瞬の(一瞬だから素敵なのです)

きらりと光を差し込んでくれるような、

誰もが幼い頃から持っている自然なやさしさを、

いつもいつも、ほらここにあるよ、と教えてくれる

このメルマガが大好きです。

これからもがんばってくださいね。

きっと塩崎さんのメルマガに助けられてここまで来た人は

たくさんいると思うんですね。

どうかお身体にはお気をつけになられて

がんばってくださいね、応援しています。 <K・N>


----------------------------------

<K・N>さま

温かい激励のお言葉、ありがとうございます。

その他、7名の方からも「励ましのメール」いただきました。

皆様に感謝です。