感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年6月01日更新
最新エントリ配信

   感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト
    

   <感動・感激・感謝>

1月29日(日)中国新聞朝刊に掲載されました。

時事通信社さんに全国配信していただきました。
ありがとうございました。

2月11日:産経新聞関東版
2月13日:沖縄・石垣島の
八重山毎日新聞

2月15日:長野日報

広島テレビ「テレビ宣言」
2月23日放映

↑クリックすると拡大

中国新聞朝刊
「D<団塊>のページ」(くらし面)に
「Shiozyの介護生活」
掲載していただきました。

↑クリックすると拡大

産経新聞関東版、
掲載紙入荷しました

それにしても秋篠宮さまの横とは恐れ多い


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。

感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●空の上の人たち
●介護生活@2題
●60歳のハローワーク
●眼をください2
●眼をください1
●欲、夢、命
●59本のバラを贈る
●島の思い出
●幻のギター
●私のおじちゃん
●未だ見ぬ我が子へ
●解決する知恵3
●解決する知恵2
●解決する知恵1
●新聞掲載狂想曲
●私のリターンマッチ最終回
●私のリターンマッチ3
●私のリターンマッチ2
●私のリターンマッチ1
●新年早々の悲劇、そして
●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)
・樂らくゼミナール
・Pちゃん・レンタックス
・珠玉の小箱
・自営業の妻、子育てしながら...。
・中国新聞ブログ「ぶんぶんの育休日記」

ありがとうございます

1月29日
3803
アクセスを記録
最近はこのへんが定位置になってしまいましたあ。。。↓↓

 

●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/

ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/
 ↑↑カチッとネ↑↑


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。




↓↓こっちも押してくださるとうれしい。


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら




  『折り合いがつかない』


 3感ネットに「不登校児」の話を投稿いただいてる

 樂らくゼミナールのいわちゃんのブログに

 心がほっとする話が載っていた。


 不登校の子が、

 家庭の中で引きこもっているうちはいいが、

 彼らが家出をした場合、どうなるか?


 居場所がない。

 逃げ込むところがない。


 そこをいわちゃんは受け止めようとする。


 自分がもし家出をしたら、と思うと

 いわちゃんみたいな人がいてくれてうれしくなる。

 そのうれしいブログを、まず紹介する。


-------------------------------

  <家出少年との10日間>


 いつも生徒達に話すことがあります。

 「家出して行くところがなかったら楽ゼミに来るんだよ。

 街とかをフラフラしてたらそちらの世界に引きずり

 こもうとする悪い人もいっぱいいるからね。

 うちの塾は一応泊まることもできるんだから」

 とやんちゃな子にもそうでない子にも

 ふだんそんな話をしています。


 その結果、

 今までに3人が家出をして楽ゼミに滞在しました。

 いちばん期間が長かったのは、当時中2の男の子H君。

 親と大ゲンカして楽ゼミにやってきました。

 親もカッカしてるし本人も感情的になって

 「二度と家には帰らない!!」と怒っていました。

 親と連絡をとって本人の気がすむまで預かることにしました。


 朝ご飯を一緒に食べて楽ゼミから学校に出かけます。

 夕方には学校から楽ゼミに帰ってきて、

 一緒に晩ご飯を食べて勉強した後で

 お風呂に入って就寝。

 そんな感じで10日間楽ゼミでの

 家出ライフを楽しんでいたようでした。


 その時に禁止したのが

 ゲームと友達と遊ぶこと。


 「H君は家出中の身なんだから

 ゲームしたり友達と遊んだりしたらだめだよ。」

 と言うと納得してはいましたが、10日目に

 「ゲームができなくて友達と遊べないのは

 もうガマンできない!!」

 と叫ぶように言って

 家出を終了して家に帰っていきました。


   狙い通りでした♪


 彼は中学までで楽ゼミは卒業したのですが、

 なにか大きな悩みやトラブルがあったら

 今でも必ず相談にきます。

 やっぱり深く関わった生徒は

 特にかわいいなって思います。


      いわちゃんのブログはこちら


 -------------------------------



 ね。こんな駆け込み寺があると、うれしいでしょ。


 ある面、今の子供は幸せだと思います。



 私にとって「不登校児」は

 まだ「救われた存在」に見えます。


 彼らは「学校を拒否」できたから。


 私のブログのコメントにこういうフレーズがありました。

 <あの頃は「登校拒否」という言葉はありませんでしたから

 自分でもとても不安でした。> はなまるさん。



 我々の時代、

 学校は絶対のものとして存在していた。

 逃げるに逃げれない。

 拒否しようにも拒否できない。

 親も社会も時代も

 教育に一生懸命な時代だった。


 そのなかに投げ込まれた

 「心やさしい傷つきやすい」子供はどうなるか?



  逃げる前に、

  拒否する前に、

  心が壊れてしまう。





 私の弟がそうでした。

 授業中突然「幻聴」が聞こえてきて

 学校中走り回りました。



 その日から7年間、

 彼は精神病院の隔離病棟での生活となりました。

 退院後も、入退院を繰り返しました。


 実家で平穏に生活できるまで、

 10年の歳月が必要でした。



 弟が高校1年の夏8月、夏期講習期間。

 私は同じ高校の3年生。


 「走り回る弟」 を見てしまったのでした。







   
だめだ。






 やはりまだ「折り合い」はつけられない。








 先週お届けした「空の上の人たち」。

 作者のたかちゃんからお礼メッセージが届きました。

 ---------------------

 shiozyさん、

 私のブログをとりあげてくださって、

 ありがとうございます。

 そして、思いを書いてくださった皆さまの

 コメントを拝見させていただいて、

 熱い気持ちで胸がイッパイになっています。


 私は自分のブログ「家族へ・・」の記事では

 コメント欄を閉じています・・

 けれど、こうして皆さんの思いを拝見できたことで、

 また自分の思いをあらたに見直すことができました。

 これからも、

 自分の持ち時間を一所懸命にがんばろうと思います。

 でも、ときにはゆっくりと休む時間も、もらいながら・・。

 私は本当にまだまだ未熟な人間で、反省の多い毎日です。

 私が自分の思いをブログに書いて形にしたのは、

 ある意味、自分への未熟さの戒めでもありました・・

 反省をしても、すぐに忘れがちな自分です・・。

 皆さまとの良いご縁に感謝を忘れず、生きていきたいです。

 本当に、ありがとうございます。

     たかちゃん





 ●読者感想お待ちしております。