感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年3月16日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●解決する知恵3
●解決する知恵2
●解決する知恵1
●新聞掲載狂想曲
●私のリターンマッチ最終回
●私のリターンマッチ3
●私のリターンマッチ2
●私のリターンマッチ1
●新年早々の悲劇、そして
●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史





■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ





■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)
・樂らくゼミナール

ありがとうございます

1月29日
3803
アクセスを記録
 

●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/


ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/

↑↑カチッとネ↑↑
↑↑さて、今日は何位かな???


12月29日(日)中国新聞朝刊「D<団塊>のページ」に「妻のために生きる日誌」という、ちと赤面してしまう見出しで「介護生活」が紹介されました。

このの記事掲載で、
電話やらメールやら、たくさんの激励をいただきました。

さて、掲載日の朝一番に電話を掛けてきたのは、なんと娘。

「ブログに私のことが書いてあるじゃん。
私の承諾もなしになんで勝手にのせるん。
家出の話はぜったい削除してよ」 ですと。

早朝から、削除作業にアタフタいたしました。(汗

そうこうしているうちに、
突然ブログに接続できなくなりました。

あれれ???
結局、夕方近くになってやっと復活。

「中国新聞読んだよ」というコメントがたくさん寄せられてうれしい興奮を味わいました。

で、夜になって、本日のアクセス数は?とやおらログを確認に行くと、、、、

アクセス数、な、な、なんと、なんと

いくらだと思います???


通常、アクセスランキング1位で
1日のアクセス数が500〜550。


この日、
3803 を記録。

自分の目を疑いましたね。

さすが中国新聞。影響力すさまじい。

私のブログを見つけてくれた西村文さん@中国新聞美人記者さんに
<感謝>です。




時事通信さんの全国配信で、2月11日

またまたアクセス数 3369を記録。

時事通信の記者さんの名前「綾子」さん。
中国新聞は「文さん」
で、うちの娘も「文」。
なんという「アヤ」つながり。

不思議な縁です。


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。


お知らせ

昨年6月に掲載した「女の友情」
覚えておいででしょうか?

幼馴染の女性二人が、妻となり母となっても
同志的生き方を続けている。
久保田さんと松岡さん。
Shiozy的には「女の友情」を読んで
「男の友情」を書くきっかけをいただいた
「恩ある人」です。

「新しい生き方を見つけていきたい」と語っていた二人が、いま新しい試みを始めました。
ワークショップの開催がそれです。
ぜひ成功させてあげたい。
そんな思いで告知いたします。

講師の一人「よがふく」さんのプロフィールにこうあります。

---------------
30歳のときに、自己破産、離婚。
以後、ホームレスと風俗店の住み込みの生活を繰り返す。

終わりの見えない苦しみの中で、36歳のとき、
「自分の受け止め方」にすべての原因が
あることがわかり、
「人の心の在り方」の追及を始める。

05年、ようやくそれらがまとまり、講師デビュー。
---------------

なんだかワクワクしそうなワークショップですね。
興味のある方ぜひお申し込みください。

*************************************
    かめおかゆみこ&よがふく
     ワークショップin広島

   【死ぬまでごきげんに生きる方法☆】
 http://www.slow-hot.com/seminar.html
*************************************

日時/06年3月26日(日)13時〜16時30分
会場/広島市内施設(広島駅徒歩7分)
講師/よがふく&かめおかゆみこ
参加費/6000円
(下記のメルマガの購読者は、
前納の場合5000円)
 「心呼吸〜大切な人を想う時間」
定員/50名
詳細はこちらをご覧ください。

     ●申し込みはこちらまで











↓↓こっちもカチッと押してくださるとうれしい。


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら

1月29日(日)中国新聞朝刊に掲載されました。

時事通信社さんに全国配信していただきました。
ありがとうございました。

2月11日:産経新聞関東版
2月13日:沖縄・石垣島の八重山毎日新聞

2月15日:長野日報

広島テレビ「テレビ宣言」2月23日放映

中国新聞朝刊
「D<団塊>のページ」
(くらし面)に

「Shiozyの介護生活」掲載していただきました。

たくさんの反響をいただき、
感謝感激しております。



←クリックすると拡大

産経新聞関東版
掲載紙入荷しました



←クリックすると拡大
(それにしても、秋篠宮さまの横とは恐れ多い)



 佐藤太郎さんからのメール。

     佐藤太郎さんは本名。
     ただ今山形に赴任中。
     奥様二人目のお子さん妊娠中@つわりで
     実家の千葉へ里帰り中。
     実質単身赴任状態。
     4月より、国立へ転勤予定。


 昨日。山形から、新幹線で上野に着きました。

 先日、柳美里さんのDVD『命』を観て、

 『愛する事は想うことそのものである』

 という事に感銘を受け、ある手紙のことを思い出しました。


 それは3年以上前に、

 愛娘『ちとせ』をかみさんが妊娠していた頃に書いた手紙です。

 今。

 かみさんが第二子を懐妊し、悪阻(つわり)で苦しんでる。

 そんな時にこの文章を思い出したのも、

 『巡り逢い』なのかもしれません。


 あれから、3年以上経ち、

 大人になったと思いきや、

 相変わらず心の浮き沈みが激しく、

 何回も心の四季を体感しております。

 でも、

 子どもから得るものは大きく、

 『格好よく、何でも知ってる、少し怖いパパ』

 でいたいと努力してます。

     ◆◇◆ (以下、手紙です。)


---------------------------------


  『未だ見ぬ我が子へ』


 こんにちは。

 君がこの文章を読む事があるんだろうか?

 無事に産まれてくるのだろうか?

 男の子なのか女の子なのか?


 今は、君がお母さんのお腹の中で

 4ヶ月目から5ヶ月目で一所懸命、

 お母さんの栄養を吸収して大きくなっている頃です。

 もしかしたら、


 君がこの世に生を受ける時に、

 私は残念ながら立ち会えないかもしれません。


 来年の4月21日出産予定日を一緒に

 祝うことができないかもしれません。


 人生は何があるかわかりません。

 でも、覚えていて欲しいのは、

 君がお母さんのお腹の中に居ると解った時は、

 お父さんもお母さんも本当に嬉しかったんですよ。

 お母さんと結婚して3年目で

 そろそろ子供も欲しいなぁと思ってたけど、

 お父さんはものすごく不安でした。


 人間としてまだまだ未熟なこの私が、

 子供を育てて行けるのだろうか?大丈夫なのか?

 色々考えました。


 丁度その頃お父さんは

 山形に転勤して、1年位で仕事も余りのってなく、

 人生とか色々考えている時でした。


 でも、君がお母さんのお腹にいると解った時から、

 全ての不安は吹き飛びました。


 それだけ嬉しかったのです。


 不安だったのに嬉しかったと言うのは

 おかしいかもしれないけど、

 君の存在はそれ程大きいものでした。


 8月の終わり

 君がお腹にいると解った土曜日の次の日

 お父さんは、

 一人で千歳山に登りました。


 山形の家のすぐそばの山ですが、登った事が無かったのです。

 しかし、何故か妙に登りたくなり

 朝の5時位から登り、

 1時間位掛けて頂上に登った頃、

 丁度朝日が昇ってきました。

 そして朝日に向かい 、

 『元気な赤ちゃんであります様に』

 と祈ったら、

 何故だが涙が止まらなくなりました。


 それからは、

 見るもの全て、接する人全て、

 感じる自然全ての物に感謝する日々です。

 君の存在がお父さんの考え方も変えるのですね。


 例えば、

 美味しい物を食べても、良い風景を見ても

 君と一緒に感じられる時を思います。

 「この自然を

 君と一緒に見る事ができる時まで残したい」

 という気持ちになります。

 君と一緒に感じたいと思います。

 君と一緒に成長していき、

 その様な事を話しながら育てて行こうと思っています。


 もしかして君の成長を見られない事があるかもしれません。

 でも解っておいて欲しいのは

 君が、

 未だこの世に生を受ける前から

 大きな影響力を持っている事です。

 お父さんの考え方も変えたし、

 もしかしたらお母さんの考え方も変えたかもしれません。

 誕生してからは更に大きな影響力を持つ事でしょう。

 お父さんお母さんだけでなく、

 君と接する全ての人に。

 決して、君は一人ではないと言う事を解っていて下さい。


 もしかしたら、

 いじめに遭い・人に裏切られ・傷つけられるかもしれません。

 でも、君が逃げずに向き合えば

 必ず答えは良い方に出てくるし、

 君の力になる人が出てきます。

 今、君が成長する為に

 お母さんも大きな苦しみを乗り越えて頑張っています。

 その頑張りも、

 君がこの世でいろんな経験をし、

 いろんな人に出逢うと思えば乗り越えられるのです。

 そんな事を思いながら筆を置きます。


           平成14年10月23日
                 佐藤 太郎


     ◆◇◆


 この千歳山に登った経験により、

 愛娘には 『ちとせ』 と名付けました。

 予定日より2日早く、3219gのビックベビーでした。






 
●久々の読者感想続々


 毎回3感ネット楽しく読ませてもらっています。

 中でも今回の「解決する知恵」はすばらしかったので

 友達や家族に読ませようと印刷していたんですが、

 2回目が開きません。メンテナンスお願いします。

 (おおっ、もうしわけありませんでした by Shiozy)


 私も心理学に大変興味があり

 コーチングという職業に憧れています。

 時間を見つけてそういう勉強をしてみたいなぁ

 と思っていたところなので、

 今回のテーマはすごく興味深かったです。


 私は今日、仕事中に読んでいたのですが、

 ちょっと涙が出てきましたよ。

 で、周りに気づかれないようにこっそり拭いて

 何事もなかったように仕事を続けました。


 感謝の気持ちは全ての基本ですよね。

 わかっていたつもりだったのですが、

 やっぱりちょっと反省しているんです。

 何かトラブルが起きる前に、

 こうやって人の話で反省して予防ができる。

 それも幸せなことです。

 これからも3感ネット楽しみにしています。

   <U・N>さん

----------------------------


 野口嘉則さんのカウンセリングは効きました。

 Shiozyさんが私に教えてくれたこと=素直に自分と向き合うこと。

 潜在意識を剥き出しにすることは恐い。

 自分が分解するようで。

 でも、こうやって書いていることで

 「澱」が取れることを知りました。

 今からでも遅いと言うことは無いですよね。

 気が付くことが大事。

 ハッピイになれる。

 周りにもいるなあ? 不幸せな人が。

    <はなまる>さん

----------------------------

 そのほか、「感激して涙が出ました」という電話や、

 「会議で全員に読ませます」というご報告をいただきました。

 ありがとうございました。





 ●読者感想お待ちしております。


激安☆中古パソコン☆超安☆台数限定☆早い者勝ち
最大2年間の動作保証や無料で永久期間のサポートなど万全のアフターフォロー付
6500NU6/L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●富士通ノートPC
 
\29,190(税込)
Satellite2270SA65C/4 メモリ128MB仕様【中古PCのデジタルドラゴン】
●東芝ノートPC
 
\33,390(税込)
MebiusPC-DJ80L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●シャープ液晶一体型PC
 
\22,890(税込)