感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2006年1月5日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●予感的中
●家出決行
●男の友情と家族力
●出せなかった手紙
●一周年記念号
●娘の家出計画
●ありがとう。オヤジ
●ゆっくりでいいんだよ
●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ<読者投票1位>
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」
・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ
・ざっそうの女(ひと)

ありがとうございます

1月7日ついに第1位達成
 

ブログ「Shiozyの介護生活」を始めてちょうど1ヶ月。おかげさまで初めてランキングトップになることができました。アクセスしていただいた皆様に感謝です。


●「オヤジの、オヤジによる、オヤジのための、趣味系ブログコミュニティー」
 Relog:http://relog.jp/

↑↑トップ表示はこちら。と書いたら翌日にはもうダウン。。。たった一日のはかない命でしたあああああ。
↓↓1月10日とうとう9位までダウン。
↓↓浮き沈み激しすぎるぜぃぃぃ。


 

3感読者さんにとっては、すでに読んだことのある話ばかりでいまさらの感無きにしも非ずですが、Shiozyを元気付けるという意味でカチッと押していただけるとうれしいですね。


ブログ「Shiozyの介護生活」はここね
 http://relog.jp/kaigo/

↑↑カチッとネ↑↑
↑↑さて、今日は何位かな???


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。


────────────────

祝☆出版 二件

3感の掲示板へよく書き込みいただくあの
永峰千花子さんのブログ
『ざっそうの女(ひと)』
書籍化決定!


書籍『ざっそうの女』ジェネイス出版
       ↑
こちらにて、先行予約が始まりました。
先着100名には千花子さん直筆のサインがついてきまーーす。ぜひご予約ください。


広島SOHO’クラブ代表のゴライさんが本を書きました!
8人の共著でタイトルは「創発まちづくり」
それぞれの個性的な「自分らしい」仕掛けの数々を、その真只中に居るからこその生の体験を元に、現場の視点で、具体的に書いたものです。

「夢のSOHO集積地」はもちろん、広島SOHO’クラブ設立から、起業、現在までの5年間の活動を販促のヒントをあちこちに織り交ぜながら、書いています。
まちづくりに関わる人のみならず、
企画や起業の、実践レベルのヒントがたくさん詰まっている本です。

「創発まちづくり(学芸出版)」2200円。
申込先⇒info@so-so.co.jp
(お名前、住所、TEL、冊数ご記入の上)
















Shiozyのシルクロード探検隊はこちら

■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

●メールマガジン登録

メールアドレス:
●メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



  昨年末、

 「今年こそは実家に帰省するぞ」

 そんな決意を語りながら

 うじうじと越年してしまったShiozyでしたが、

 2日になんとか里帰りを実行し

 どうにか体面を保つことができました。

 その話を読んで、

 「実は私も久々の里帰りしました」

 というメールが来ました。

 <健康診断評価Fの男>さん、

 略して<健診F男>さんからでした。

 しかし、

 <健診F男>さんには、

 その後悲劇が待ち構えていた。

 それはどんなお話なんでしょうか?

---------------------------------


  『新年早々の悲劇、そして』


 Shiozyさん、おめでとうございます。

 新年の里帰り、実行できて良かったですね。


   <新年の里帰り>とは↓↓この話ね。
     「予感的中」


 実は私も久々の里帰りをしました。


 大晦日から親元へ4日間の帰省。

 年明けと同時に近くのお宮参り。

 子供の頃は当り前のように家族で行っていたな〜。

 親父、お袋との酒の交し合い、

 そしてあちこちへの買い物へ。


 いつまで経っても親というのは

 可愛い息子なんだろうな。

 すごくうれしそうな笑顔。

 物やお金をあげるではなく、

 こうやって共に酒を交わし、

 話すことが一番嬉しいんだろうな。。。。。


 そうやってあっという間に時間が経ち、

 広島へ戻りました。



 1月3日お昼頃・・・

 戻ってきて近くのホームセンターへちょいと買い物。

 買い物中トイレへ1度。

 買い物を終え、自宅へ。

 近くに路駐し一旦部屋へ。

 タバコを車中に忘れ再び車へ。

 (??あれっ財布はどこに置いたっけ?)


 車中をくまなく探す・・・・・ない!

 部屋へ戻って探す・・・・・・ない!

 再び車へ・・・・・・・・・・・・完璧にない!!!


 (もしかして落とした? いや盗まれた!!)


 私の財布は長財布で

 基本的に私服の時にはポケットに入れず、

 手に持つことが多い。

 そのため、トイレに行く際は

 用をたす所の上の出っ張り(外壁の段差部分)

 に置いたりする事多し。


 (やってもーた、トイレに忘れた!!!)


 全身がぶるぶると震えている。

 中には現金、

 キャッシュカード、

 免許証、

 保険証

 その他諸々。



 新年早々なにやってんだよ。

 ホームセンターへ即電話を入れる・・・

 「少々お待ちください・・・」

 「・・・スタッフ何人かで探しましたが見当たりません。」

 震えはますます大きくなり。

 「念のため連絡先を教えてください・・・」

 「け、け、けいたいばんごうを言います ●●●●●●●」


 震えのせいかロレツが回らない。

 やばい、やばい、どうしよう、

 あ〜もうだめだ・・・・・・・・・・



 ブルブルブルブルブルブル・・・・


 ん!?携帯のバイブがなる。

 そういえば何度か着信があったようだ。

 気づかなかった。(心はほとんどうわのそら)


 実家のおばさんからである。

 「財布落とさんかった?」

 「は?落としたけどなんで?」


 拾ったかたから電話があり、私の携帯番号を知りたいと

 免許証の本籍からわざわざ104で

 実家の電話番号を聞き出し、連絡してくれたとのこと。


 それから数分後。

 「●●さんですか?あの財布を落とされましたよね?」

 「はい。えっトイレで見つけていただいたんですか!」

 「いえ、車の屋根から落ちるのを見て、

  即座に拾い追っかけたんですが・・・」

 なんだトイレではなかった。


 駐車場で車に乗る際に

 財布を車の天井(屋根部分)に置いていたんだ。

 そして車が発進した際、屋根からパラリと落ちたのである。

 それを、とある方が拾い、しばらく追っかけたらしい。

 (そういえば一度クラクションの合図が・・・)



 「家はどの辺ですか?今からそちらへ行きますので!」


 なんと親切な方!財布を拾い、車を追っかけ、

 見失った為免許証を見て本籍地から104に電話し、

 番号を調べ、わざわざここまで届けてくれるなんて。。。


 約15分後

 運転者は私と同世代の30代で、

 助手席には親父さんらしき人が。


 「●●さん?これどうぞ」と助手席の親父さんから。


 「ありがとうございます。

  ありがとうございます。

  本当にありがとうございます。」


 「車から何かが落ち、拾い、追っかけたんだけど・・・」

 「すみません。助かりました、

  新年早々ごめんなさい。ありがとうございます。」

 事を終えると車はすぐ去ろうとしました。


 「あの、お名前とご住所を教えてください。」

 「いや、いいですよいいですよ。

  当り前のことしただけですから。」

 「いや是非とも教えてください。」

 何とか教えていただき、車は去って行きました。

 私はその車が見えなくなるまで立ち続け、

 何度もなんども深く頭を下げました。


 この物騒な世の中、こんな親切な人が

 そして心があたたかい人がいようとは。


 「当り前のことしただけですから・・・・」


 この表現をなんで表情変えずに言えるんだろう。

 いい人にタイミングよく拾っていただいた事に大感激!!!


 世の中すてたもんじゃない!

 こんな素晴らしい人がいるんだ!!

 私はその人を通し、

 改めて人との接し方、思いやり、やさしさ

 というものを学び、教えられました。


 その後私は、お礼はもちろん、

 感謝の気持ちの手紙も書きました。


 私が<感謝の手紙>を書く!

 このことが自分でも信じられません。


 財布を届けてくれた方は

 私のこころも変えてくれたようです。


 財布を落とし、約1時間というスピードで戻ってきた。

 新年早々の悲劇そして・・・感激・感動の実話です。

 本当にありがとうございました。    <健診F男>




 ●読者感想お待ちしております。



激安☆中古パソコン☆超安☆台数限定☆早い者勝ち
最大2年間の動作保証や無料で永久期間のサポートなど万全のアフターフォロー付
6500NU6/L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●富士通ノートPC
 
\29,190(税込)
Satellite2270SA65C/4 メモリ128MB仕様【中古PCのデジタルドラゴン】
●東芝ノートPC
 
\33,390(税込)
MebiusPC-DJ80L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●シャープ液晶一体型PC
 
\22,890(税込)