感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年11月17日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●お荷物営業ウーマンのその後
●13時間の後悔
●配信50号記念
●忘れられない月
●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」
・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ



毎回読者感想を送ってくれるMisaeさん
ということで、常連コーナーを設けました。

「ポエム@Misae感想コーナー」

今回は川柳に代わってポエム作品。
新趣向かな?


●『ゆっくりでいいんだよ』に寄せて

ありさんがわたしのともだち

ちょうちょさんもわたしのともだち

おかあさんはもっとはやくというけれど

わたしはもっともっと
ともだちとおはなしがしたい

どうしてゆっくりじゃいけないのかな

おそらのくももゆっくりうごいてるよ

・・・っていったら

またおかあさんにしかられるかな


●『お荷物営業ウーマンその後』に寄せて

<風車のように>

風車(かざぐるま)が廻ってる

過去の風に目が眩み、
廻り方忘れそうになったけど

愛しきわが子に助けられ、
こうしていきいき廻ってる

妻・母・女・いろいろ呼び方あるけれど

わたしはわたし、
今日もまた風車を廻しましょう




「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。


────────────────



ハニーともこさん親子

●ハニーともこさんの前回投稿文はこちら
「母へのハガキ」


---------------------

●感動の動画です。

  「母の貯金」

泣けます。涙が止まりません。

注意:音楽があります。
職場等でご覧の方はご注意を!
画像のあと文字が始まります。


---------------------


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


 先週号に↓↓こう書いたら


   読者投稿続々到着。

   今週は<お荷物営業ウーマン>さんに続いて

   別に二本の原稿が到着。

   この二本が期せずして同じテーマ。

   『オヤジ=おとうさん』の話題でした。

   次週『オヤジ2題』を掲載するか、

   Shiozyネタをやるべきか、迷いに迷ってる今日この頃です。


 また新たな読者投稿がやってきました。<感謝>

 前号『お荷物営業ウーマンのその後』に触発された

 <ハニーともこ>さんからの投稿です。



 で、結果的に予告を裏切りことになってしまいました。


 『オヤジ2題』は来週ネ。


---------------------------------------------

 3kan.net52号、さっそく読ませていただきました。

 お荷物営業ウーマンさんの投稿、

  「あ〜、私も結婚後、まったく同じ気持ちで

   焦ってたよな〜、子育てしてたよな〜」って、

 肯きながら読みました。


 で、長女が小さかった時のことを思い出したんです。

 そういえばあの頃、思ってたことを

 文章にしたことがあったよな…と。

 読み返してみると、なつかしく、

 同じようなことでまた頭を悩ませている自分が

 ちょっと笑えてしまったので、

 お恥ずかしいのですが、投稿させていただきます。

--------------------------

 『ゆっくりでいいんだよ』   by <ハニーともこ>


 「咲ちゃん、おくつ早くはいて」

 「何してるの、反対でしょ」

 「急いで、エレベーター来ちゃうよ」

 「もう、さっさと歩こうよ」…

 出かける度に決まって私の口から出る言葉。



 咲(4歳)は、とてもペースがゆっくりで、

 幼稚園バスの停留所まで5分の道程を10分かけて歩く子です。

 それは日常の中でも同じで、

 「どうしてさっさとできないの?」と思うことばかり。

 それが長い間、私のストレスの種でもありました。



 けれど最近になって、せかせかしている私の方が、

 よっぽど咲のストレスになっているんじゃないか、

 と気が付いたのです。



 ある日の夕方、咲と弟の優介を連れて

 近所のスーパーまで行く途中のこと。


 「暗くなっちゃうから、早くいこうね」

 と、私は咲をせかしながら歩いていました。

 すると、咲が急に立ち止まり、

 しゃがみこんで何かはじめたのです。

 見ると、咲の足元にはアリの行列がありました。

 彼女はそれを指でたどりながら、じっと見つめていたのです。



 「あ、アリさんだ。かわいいね。」

 最初はそう言って一緒に眺めていた私でしたが、

 5分もしないうちに イライラしてきました。

 そして「早く!」といっても返事もしない咲の手を引っ張って、

 スーパーにも行かず、家へ帰ってしまいました。

 ぎゅっと強く手首を握って…。



 「どうしてママの言うことが聞けないの?

  早く行こうって言ったでしょ!」

 そう怒鳴った私に、咲は言いました。



 「はやくじゃない…いや…」

 少しおびえて。目に涙をいっぱいためて。



 その時、ドキっとしたんです。

 そう、別に急がなくったって、スーパーは閉まらないし、

 少々暗くなったって、困りゃしない。

 急ぐ理由なんて、大してない。

 それなのにどうして私は、こうもイライラ、

 セカセカしてしまうんだろう、と。


 アリさん一匹一匹を、

 一生懸命見つめていた子どもの気持ちなんて

 全然考えずに、怒鳴りつけてしまうなんて。



 何でもテキパキできて、打てば響くような子。

 いつのまにか、そんな理想を子どもにおしつけていたのですね。


 テンポがゆっくりなのは、咲の個性。


 何をするにも時間がかかるし、お話するのもゆっくり。

 でも興味があれば のめり込んでできるし、

 気がおだやかで優しい。



 考えてみれば、今まで欠点だと思っていたことは、

 実は長所なのかもしれない。

 この個性を認めてあげて、いい方向に伸ばせたら…。

 今はそんな風に思っています。



 9月にあったマラソン大会。

 咲は、お友だちより随分おくれてゴールしました。

 『もう はしるの いや』

 なんて言うかな、って思っていたら、

 「あのぉ、あのぉ、さきちゃん がんばったんだよ。

  うさぎさんとかね、かえるさんとかね、

  おうえんしてくれたんだよぉ」

 とニッコリ。

 ああ、これがこの子なんだと思いました。


 ゆっくりだっていい!

 「がんばったね。えらかったね。」

 たくさんほめてあげました。

 (ちなみに、うさぎさん・かえるさんは、

  コーナーに置いてあったダンボールのマスコットです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 実は、これ、

 今から7年前に幼稚園の文集のために書いたものです。

 スローな咲は、今では小学校5年生。

 もちろん今でも、おもいっきりマイペースです。

 2年生のころには、登校途中になめくじ≠フ観察をしていて

 遅刻しそうになったこともありましたし、

 今でも授業中に、意識がとんじゃうことが

 あるらしいです(本人いわく)。



 幼稚園のころに「ゆっくりでいいんだよ」

 なんて言っておきながら、

 最近また、「なんで あんたは何でも遅いの!」

 と叱ることが多くって…。

 ふと思い出して、幼稚園の文集を読み返したら、

 咲も変わってないけど、私も変わってないなって、

 なんだか 笑ってしまいました。



 
『欠点は長所』

 もう一度、自分にいい聞かせている 私です。

 まだまだ子育て奮闘中だけど、

 こうやって時々、軌道修正をしながら

 がんばったらいいんですよね。

 親子って、お互いに育てあいながら、

 大きくなるんだろうな。



 ゆっくりがんばれ!咲ちゃん。 from Shiozy




 ●ご感想をお待ちしてます。


激安☆中古パソコン☆超安☆台数限定☆早い者勝ち
最大2年間の動作保証や無料で永久期間のサポートなど万全のアフターフォロー付
6500NU6/L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●富士通ノートPC
 
\29,190(税込)
Satellite2270SA65C/4 メモリ128MB仕様【中古PCのデジタルドラゴン】
●東芝ノートPC
 
\33,390(税込)
MebiusPC-DJ80L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●シャープ液晶一体型PC
 
\22,890(税込)