感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年10月20日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●親子の絆
●友輝(ゆうき)くん:反響号
●緊急号:友輝(ゆうき)くんを救え
●介護生活7:水曜@自主休業日
●ふたたびの恋
●恋の号砲は、素の自分
●お父さんといえた日
●娘を捨てるということ
●父帰る
●東京のおかあさん
●当たり前のこと
●介護生活6:ブラと口紅
●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー@BOB
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」
・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術
・企画のココロ

毎回読者感想を送ってくれるMisaeさん
ということで、常連コーナーを設けました。

「川柳@Misae感想コーナー」

●「親子の絆」に寄せて

・嵐あり凪もあります 夫婦です

・いてくれと 決して言わないわが夫

・母の背を 無心に追った幼い日

・鬼であり仏でもあり わが母は

・財産は無くとも 親子の絆が残り


「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。


─────────────────

















































Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


  申し訳ありません。。。


  20日は更新が大変遅くなり、

  読者の皆様にはご迷惑をおかけしましたこと

  お詫び申し上げます。

  言い訳をしますと、

  初めて「HPの自動更新」というのを予約しまして

  これがうまく機能しなかったのが原因でした。


  悪いことに、20日は終日出張しており、

  しかも間抜けなことに、ケイタイを忘れるという体たらく。。。

  ケイタイやメールに、「更新されてないよ」という連絡を

  たくさんいただいておりましたが、それに気づいたのは

  帰宅した夜でした。

  20日のログ(アクセス記録)をみると、

  なんと普段の3倍のアクセスがありました。

  たぶん「まだかまだか」と何度も覗いていただいたのだろうと

  大変恐縮しております。

  平身低頭して、お詫び申し上げます。

  <Shiozay@平身低頭>

---------------------------------------------

 先週号は『親子の絆』でした。

 この話に触発されたのかどうかわかりませんが、

 <美冬>さんからの初投稿が届きました。

 『忘れられない月』

 「夫婦の絆」ともいうべき男女の出会いを

 ちょっと文学的に語っておられます。

 さて、どんなお話でしょうか。


---------------------------------------------


  『忘れられない月』  (05.10.20)


 母と大ゲンカをした。


 原因は覚えていない。

 ただ、我が家では母が最高権力者なので

 よっぽどのことが無い限り、

 私が勝者になれる確率は低い。


 母の罵倒のミサイルに耐えかねた私は

 わずかな金と携帯電話だけもって家を出た。

 逃げる私の背中に、母の怒りの絶叫が突き刺さる。


 どうにでもなれ。

 私の頭には、ただ逃げることしかなかった。


 さて、どこに行こう・・・。

 出たはいいが、私は自分のいい加減さにすぐ気がつく。

 こんなとき頼りになるのは友達だ。

 私には親友と呼べる人間が二人いる。

 でもその時二人とも県外に住んでいて、

 助けてもらう状況じゃなかった。


 時間ばかりが過ぎていく。

 もう帰ろうか。

 気弱な心の声をもう一人の私が、

 いいや、まだ帰らんと止める。


 その時、私の頭の中に一人の男性の姿が浮かんだ。

 その人の名はここではAさんとしておく。


 彼は以前から、私に交際を申し込んでいる相手だった。

 でも肝心の私の心は、はっきりと答えを出せずにいた。

 この日まで二人の関係は、

 友達以上恋人未満という曖昧なもので、

 煮え切らない私を彼はだまって見守っていた。


 彼なら大丈夫。


 いつの間にか私の心に、

 彼に対する信頼とも甘えともつかない感情が生まれていた。

 私は彼の携帯電話に掛けてみた。

 電話の呼び出し音が数回鳴り、彼の声が聞こえた。

 この時ほど携帯電話の有り難さを感じたことはない。


 私はあふれ出る不安や母への怒りを、彼に率直にぶつけた。

 私の訴えを黙って全て聞き終えた彼は

 「わかった、これから迎えに行くから待ってて」

 と言うと電話を切った。



 それから一時間後

 私と彼は港の傍の駐車場にいた。

 車で迎えに来た彼が連れて来た場所がここだった。

 目の前には大小様々な大きさの船と

 コンビナートの光が不思議なコントラストを描き出している。

 仕事で疲れると、彼はよくここへ夜景を見に来るのだと言った。


 それから私たちは色々な話をした。

 泣きじゃくり母への恨みつらみを語る私。

 それはとても辛い話のはずなのに、

 同時に心の荷物を彼に預けていく爽快さがあった。


 そのうち、私は彼が泣いているのに気付いた。

 男の人が泣くのを見るのは初めてだ。


 この人、私の為に泣いているんだ・・・・・・。


 私の為に・・・・・・。



 恋人ではない、あえていえば友達

 (それも付き合いの浅い)私のための涙。


 その雫はどんな宝石よりも美しく尊いと私は思う。

 いつの間にか私は彼を抱きしめていた。

 彼の髪の毛から石鹸の匂いがした。

 月の光が優しく私たちを包み込んでいる。

 彼の肩越しに満月が見えた。


 もう大丈夫。


 私には彼がいるのだから。

 この夜の月は、私にとって忘れられない月になった。






 
それから1年。



 私たちは結ばれ、今では一児の親となった。


 子供の名前は女の子で五月(さつき)。

 理由は五月生まれだから・・・と皆には言ってるけど

 本当の理由は、あの日の月を忘れないために。


 まだ幼いこの子が大きくなったら話そうと思っている。

 あの夜の月の話を。

                    <美冬>




ゆうきくん 


 ●「友輝(ゆうき)くんを救う会」
 http://imai.itbdns.com/~yuuki/


おかげさまで目標金額達成!

●現在の募金額:
70,155,565円

(10月20日現在)

 ●目標金額:6,000万円


ご協力いただいた方々には

心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 Shiozy@塩崎




       ●ご感想をお待ちしております。


激安☆中古パソコン☆超安☆台数限定☆早い者勝ち
最大2年間の動作保証や無料で永久期間のサポートなど万全のアフターフォロー付
6500NU6/L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●富士通ノートPC
 
\29,190(税込)
Satellite2270SA65C/4 メモリ128MB仕様【中古PCのデジタルドラゴン】
●東芝ノートPC
 
\33,390(税込)
MebiusPC-DJ80L(128MB)【中古PCのデジタルドラゴン】
●シャープ液晶一体型PC
 
\22,890(税込)