感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年7月28日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


平野さんの新刊本

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●平凡な家庭
●お荷物営業ウーマン
●介護生活5:Yさん@作業療法士
●パジャマ姿の向こうに見えた小さな島
●男の友情
●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
●介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
  その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
・おかんの法則
・エリッキサー
・広島きのぴーワールド
・YMB
・コンビニ副店長バックルームにて

「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」
・吉村君の「ひまひま」サイト
・スローほっとコム
・心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術

毎回読者感想を送ってくれるMisaeさん
ということで、常連コーナーを設けました。

「川柳@Misae感想コーナー」

・マッサージ 妻への負債返す朝

・手のひらで 妻の心と会話する

・ブラを付け 女の誇りが甦る

・口紅は 女に戻るパスポート

「3感掲示板」作りました。

どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。


-----------------------


今月から読ませてもらっています。

今まで感想を送った事無かったんですけど、

奥さんに口紅を勧めたやさしさ感動しました。

私も入院した事有るんですけど、

病人は気持ちから、環境から、病人になるんですね。

単に口紅なんですけど、すべてに通じますね。

<50歳迎えた公務員妻>




Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


        
 ウィークリーまぐまぐ[総合版] 2005/07/27 号

 「まぐまぐ読者さんの本棚」で紹介されました。

 http://www.mag2.com/wmag/hondana/

 [総合版]490万部発行の威力さすがにすごいですね。

 ●本棚から初めてこられた方、ようこそです。

---------------------------------------

  「Shiozyの介護生活6:ブラと口紅」 (05.7.28)


 秀子@妻が脳梗塞で倒れてちょうど3年が経過した。

 退院後在宅介護でいちばん気をつけていること。

 それは、水分の補給と血行を良くすること。


 水分の補給に関しては、とにかくお茶をどんどん飲ます。

 特に寝る前と朝起きたときは必須だ。

 水分が不足して血が濃くなり、血管が詰まりやすくなるのを防ぐためだ。


 ちなみに、薬は血栓予防剤2錠を毎朝服用している。

 これは血が固まらないように、血漿板を抑える薬だ。


    血漿板:怪我をしたら血が出て傷口が固まりますよね。
         この固まる作用をするるのが血漿板。


 余談ですが、健康な人も知らず知らずに服んでいる血漿板剤。

 頭痛のときバファリン服んだことありません?

 じつはこれ、血漿板剤なのです。


 うんちくを言いたくて話が横道にそれたが、

 秀子@妻が服んでいるのもこれです。



 水分補給と血栓予防剤。

 これで万全かというとそうでもない。

 どうしても悪い方の上下肢にムクミがでる。

 だから血行をよくしてやる必要がある。

 ということで、毎朝20分間のマッサージを行っている。


 はじめは悪い方の右上下肢だけだったのが、

 ある日、ハッと気がついた。


 秀子@妻の全身を支えているのは、

 いいほうの足一本ではないかと。


 体重42キロを両足で支えていたものを

 いまはほとんど左足一本で支えている。

 そうとうな負担がかかっているはずだ。


 それ以来、左手左足がいとおしくなり、

 全身マッサージへと拡大したのだった。


 足の指先から頭のてっぺんまで、毎朝マッサージをしていると

 ちょっとしたムクミやコリも触っただけでわかるようになる。

 アキレス腱の伸びようなんか、コンマ数ミリの違いまでわかる。


 妻の身体に関しては、リハビリの先生より私の方が詳しい。

 と、自慢したくなるほどだ。


 そんなわけで、血行を悪くするようなものは

 いっさい身に着けさせなかった。


 たとえばブラジャー。


 血漿板剤を服用しているせいか、ちょっとした締め付けでも

 すぐにうっ血してしまう。

 だからブラジャー禁止に決めていた。


 あるとき、秀子@妻がしきりと何かを探せと言う。

 悲しいかな失語症。

 何を探せと言っているのかわからない。


 たんすを指差して探せと言う。

 一段ずつあけていくがわからない。

 一時間近く家捜しして見つけたもの。

 それがブラジャーだった。


 「これは血行が悪くなるからダメ」 といってみるが

 本人はどうも着けてみたいらしい。

 しかたなく着けさせた。



 するとどうだろう。

 姿勢がスックと伸びたではないか。

 胸をはる、背筋が伸びる。

 これだけで元気そうに見える。

 表情がいきいきしてくる。

 とても病人には見えない。



 病人を病人らしく扱うと、病人のままである。



 こんな気づきをもらった出来事だった。


 このときの経験があって、

 秀子@妻の唯一の外出日、毎週土曜日のリハビリ病院の日、

 出かける前に口紅を塗らしてみた。

       

 入院以来、化粧というものをしたことがなかったので、

 最初本人はイヤがったが、むりやりに紅をさしてみた。



 恥ずかしそうに病院の受付へ診察券を差し出す。

 すると受付の女の子が

 「今日は顔色がすごくいいですねぇ」と声を掛けてくれた。

 口紅には気づかないが、本人まんざらでもない。



 リハビリの先生が同じことを言う。

 「今日はなんかいつもとちがって元気そうにみえますね」

 秀子@妻は、自分の口元を指差す。

 「あっ、口紅のせいだ」

 やっと気づいてもらえた。

 秀子@妻は、にっこり笑う。



 それ以来、外出のときは「紅をさす」のが決まりになった。


 私の気づきがもうひとつ増えた。


 
病人を病人らしく扱うと、病人のままである。


 これに加えて



 
「女性」を意識させると、輝いてくる。



-----------------------------------------------------

 ●読者感想をお待ちしております。

宮内庁御用職人の手作り仕立てカバン☆こんなカバンが欲しかった!