感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年6月23日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら


平野さんの新刊本

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事
※数字はヒット数ランキング

●女の友情
●介護生活4:奇 跡
●介護生活3:左手生活
●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
、介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
、介護生活1:主夫になるということ
、病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
 、その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
、スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン

・おかんの法則

・エリッキサー

・広島きのぴーワールド

・YMB

・コンビニ副店長バックルームにて


「福祉の仕事.com」

メルマガ「現場のケイコです」

・吉村君の「ひまひま」サイト

●スローほっとコム

●心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術



毎回読者感想を送ってくれるMisaeさん
ということで、常連コーナーを設けました。

「川柳@Misae感想コーナー」


・友であり 友でない彼 いつまでか

・無力とは 願うことしか できぬこと

・人生の 設計図から 家族消え

・智恵子なら 光太郎がいた 友笑う

・俺たちは 同じ時代の 風を知る

・いつの日か 緑の国で 友を待つ


今回はヘビー級な話で読み終えた後は…無言。
川柳をひねりだすのに苦労しました。



「3感掲示板」作りました。


どうぞ、お気軽に感想・質問・意見等、
書き込みください。
プチ感動ネタなどもお書きいただけると
うれしいですね。

















Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


  「男の友情」   (05.6.23)


  先週は「女の友情」をお届けしました。

  女性にはめずらしく「同志として共に生きる」話だった。


  ならば、男はどうよ。

  こういうツッコミが聞こえてきそうだ。


  ということで、今週はShiozy版「男の友情」です。


           ●


  たったいま、黒猫さんに宅急便を手渡した。


  伝票のあて先はこうだ。

  ------------------------------

   S川精神病院 隔離病棟 気付

   N谷 様

  ------------------------------


  中身は夏物衣料。

  下着、くつした、半袖シャツ、半パン、ポロシャツ・・・

  ちょっと遅くなったが、夏への衣替えだ。


  N谷はもう5年以上、精神病棟へ入院している。

  良くなって社会復帰施設へ入れたかと思うと、

  突然心が乱れて、また隔離病棟へ、の繰り返しだ。



  彼とは大学入学以来の付き合い。ひとつ年下の同級生。


  私たち団塊の世代のご他聞にもれず、

  大学時代は 「学生運動」 部所属だ。

  で、結果的に「前科持ち」となり、まともな就職がかなわないまま、

  いろんないきさつがあって、現在の会社を興した。


  広告企画制作の会社だ。

  創業1年後にN谷が加わった。


  広告の制作会社といえば

  デザイナーのエライ先生のもとに、

  弟子のデザイナーやライターがいる、

  という構造がふつうだった。


  我々は絵心がない。

  デザイナーの先生にすがりつくこともできない。

  ということで、見よう見まねの独学でコピーライターらしきものになった。

  当時ではめずらしいライター主導の制作会社だった。


  なかでも、N谷のプランニング&ライティング力は群を抜いていた。

  彼の広告文案を読んで、涙が出たこともある。


  彼の感性の鋭さを証明する語り草の逸話がある。


  もう十年以上前になるだろうか、

  地元アパレルメーカーの会社案内・ビデオ制作の仕事を受注した。

  その時、N谷はそのクライアントの戦略コンセプトを

  「生活カルティベート(生活深耕)」 と定義づけた。



  約半年がかりの制作を経て、やっと納品になろうかとしたとき、

  突然クライアントから呼び出しがかかった。

  「このコンセプト、西武百貨店のマネじゃないですか?」

  見せられた西武百貨店の広告案はこうだ。


    
「生活栽培」


  今では想像もできないが、

  当時西武百貨店の 「時代切り取り力」 には

  定評があった。


  我々は、あの西部より先に時代を捉えた。

  誇らしいものがあったが、クライアントはモノマネだという。


  「これを提案したのは半年以上前のことです。

   それを承知でモノマネだというなら、

   我々は作品を引き上げます」

  総額2500万円の仕事だった。


  憤然と席を立とうとしたら、同席の役員がひと言。

  「わかりました。このまますすめてください。」




  これほどの感性を持つN谷だったからか、壊れるのも早かった。

  40代半ばになる頃から、躁鬱の気配が出てきた。

  躁と鬱の周期が早くなり、波の落差も大きくなった。

  クライアント先での会議中、突然椅子からひっくり返る、

  というような「事件」を頻繁に起こすようになった。

  幻聴ゆえか奇行もでてきた。


  とうとう家族も見放してしまった。


     
離 婚。


  N谷の長女は、私の娘と一日違いの誕生日。

  しかも、同じ産院の隣部屋で出産した。

  それほどの家族ぐるみの付き合いだったが、

  離婚を止めることはできなかった。


  会社の近くにアパートを借りて、一人暮らしを始めたが、

  病院送りになるのは時間の問題だった。




  そのころから、私は土日百姓を開始した。

  知り合いを頼って、広島県北の農家へ、農業を習いに毎週土日通った。

  米の作り方、野菜の育て方を一通り教えてもらった。

  ほぼ一年間、通いとおした。


  一年後、自前の畑を持った。

  100坪ほどの小さな畑。


  お天とうさんが昇れば起き、

  日が沈めば眠る。


  人の生きるリズムを、自然の時間の中に戻す。

  そのための農業だ。


  ここでN谷の心の時間を、

  自然の時間と同調させてやりたいと思っている。


    いつまでも、

    いつまでも、

    いつまでも、



  
待ってるからな、N谷。


--------------------------------------------------

  ●N谷が書いたコピー案、少しだけご覧ください。

--------------------------------------------------
 
●読者感想

   読んでいて、心が震えました。
   なんだか、人事でないような気がして…

   我が事のように、身につまされました。

   そしてN谷さんの書かれたコピー。

   10年前に、今の時代を投影しているかのような、
   心を感じるコピーでした。

   心ある人だからこそ、
   心を失くしてしまう

   とても やりきれなさを感じました。

   N谷さんのきれいな心が、どうか戻ってきますように… <M>

----------------------------------------------------
  ●ご感想をお待ちしております。

宮内庁御用職人の手作り仕立てカバン☆こんなカバンが欲しかった!