感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年6月6日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら

  
  平野さんの最新刊

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事
※数字はヒット数ランキング

●親不孝むすめ、母にFAXを送る
●おむつ犬チエ
 その1:しあわせの紙おむつ
 その2:3人暮らし
●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
 その2:感動プロデューサー・平野さん
●読者投稿:母へのハガキ
、介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
、介護生活1:主夫になるということ
、病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
 、その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
、スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
感度経営をめざす素晴らしい会社です。

・おかんの法則
メルマガから出版化へ。夢をかなえたおかんのサイト。

・エリッキサー
義理の息子になってたかもしれないボブ君のサイト。

・広島きのぴーワールド
ブチおもしろい、広島弁丸出しのきのぴーサイト。

・YMB
山口県周南市のITコンサル、業務領域が広いよ。

・コンビニ副店長バックルームにて
コンビニ副店長@育夢(いくむ)さんのブログ


・naru<gatyapinさんのブログ
フリースクールで不登校や非行の子どもたちと接し、現在教師を目指すバレーボーラー。


「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」


●吉村君の「ひまひま」サイト



「心呼吸〜言葉で、心をあたためる技術。」
というブログでご紹介いただきました。

------------------------------------

今日は、とっても嬉しいことがありました。

「感動・感激・感謝-3kan.net-」というサイトを
開いていらっしゃる、Shiozyさんという方から、
メールをいただいたのです。

私たちのサイト
「スローほっとコム」を読んでくださり、
メールマガジン創刊号の
第1話「今は言えないけれど」の、

  あなたにとって、大切な人はいますか?
  その人は、どんな人ですか?

を読んで、「同じ感性の人だ」と思ってくださったそうです。

「感動・感激・感謝-3kan.net-」では、
たくさんの感動・感激・感謝のお話が紹介されています。
中でも、「Shiozyの介護生活2:おかあさん」の話は感動的でした。

そんなShiozyさんから、あたたかいメールをいただき、今日は本当にうれしかったです。


-----------------------------------














Shiozyのシルクロード探検隊はこちら

一括投稿・アクセスアップのPRJAPAN


 ●6月6日(月)更新ネタは下のほうにあります。

---------------------------------
  Shiozyの介護生活

  
3:左手生活
   (05.6.6)


   はい、手近にある筆記用具を持ってください。

  右利きの人は左手で持ちましょう。

  まず、「あいうえお」を書いてみてください。

  次に漢字で自分の名前を書いてみましょう。





  うまく書けましたか?


  「はい」と答えた方、あなたもともと左利きじゃありません??


  ほとんどの方はミミズが這ったような字になったはずです。

  私Shiozyは手が震えて、まるで字の格好になりませんでした。

  (酒の呑みすぎじゃろう、というツッコミは入れないように)


  何十年も右利き生活をやってきた人が

  ある日突然「左手だけの生活」を強いられたとしたら

  あなたどうします?


  途方にくれますよね。

  イライラしてキレそうになりますよね。


  はい、じゃ、いまからそのワザを練習しておきましょう。


  秀子@脳梗塞の「左手ワザ」公開です。



  ●食器洗い

  ヘルパーさんの来ない土日は、私が料理を作る。

  退院当初、まるっきり料理を作れない私は

  冷凍食品や惣菜でやりくりしていた。


  出来合いの食材を皿に盛りなおして出せばいいものを

  食器の後片付けが面倒くさいため

  食品パックのまま食卓に並べていた。


  ところが、リハが進むにつれ

  食器洗いをすべて秀子@妻ができるようになった。


  こうなると現金なもので、食器をふんだんに使用する。

  食器洗いがリハビリの一環ということを考えると

  洗わなくていい食器まで、洗わせるほどだ。


  一度妻のまねをして、左手で食器を洗ってみたことがある。

  スポンジに洗剤をつけ、左手だけで強くこする。

  すると、食器が動いて、うまく洗えない。


  湯飲みやコップみたいな小さなものは容易だが、

  茶碗→どんぶり→鍋と、大きくなるにしたがって

  むつかしくなる。


  「あんた、どういう風にして洗いよるん?」

  妻にお聞きした。


  すると、秀子@妻は

  シンクの排水溝のゴムパッキンのなかに鍋をつっこみ

  動きにくくして洗い出した。

  「すごーーい。自分で考えたん、そのワザ?」


  驚いてみせると秀子は



  
「えへん」


  と胸を張ってみせた。


---------------------------------------------

 ●ここから6月6日(月)更新ネタです。


  ●洗濯干し

  

  秀子の退院が近づいたある日、

  隣家の池上さんが我が家の庭にベランダを作ってくれた。


  「奥さんが退院してきて、洗濯物が外に干せるように

   今から作っておきましょう」


  「退院祝いです」ということで、材料費から手間賃まで

  すべて自費で作っていただいた。


  頼れるのは

  「遠くの親戚より、近くの友人知人」

  を実感した出来事だった。


  
  天気の良い日、秀子と王子@チワワは
  仲良く二人並んで日向ぼっこをしているベランダ。



  それから半年後、

  家の中をツエなしで歩けるようになった秀子@妻は

  洗濯物を自分で干すようになった。


  ベランダに出て、タオルや靴下類を竿にかける。

  これくらいは簡単にできるようになったが、

  むつかしいのはシャツ類。


  シャツやセーターにハンガーを通すというのは

  左手一本ではむつかしい。

  ということで、シャツ類はもっぱら私の仕事であった。



  ところがある日、ベランダを覗いてみると

  洗濯物全てが干されている。


  「えっ、ハンガーにどうやって通したん?」

  「もういっぺんやってみて!」



  すると、秀子@妻は

  左肩と左アゴでハンガーを挟み

  固定したうえでシャツを通すという

  荒技を見せてくれた。



  このときは「すごい」と驚く前に


  
不覚にも

  「涙」が

  出てきてしまった。



--------------------------------------------------

  ●ご感想をお待ちしております。

宮内庁御用職人の手作り仕立てカバン☆こんなカバンが欲しかった!