感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年5月5日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

「サマンサ・コンシェルジェ」素晴らしいですね。
サマンサジャパンの小野社長様へよろしくお伝えください。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら

感動・感激・感謝-3kan.net-感動力

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事
※数字はヒット数ランキング

●感動2題:この人に会った!
 
その1:田中康夫・信州長野県知事
●読者投稿:母へのハガキ
、介護生活2:おかあさん
●不登校の子ども達と共に生きる2
●不登校の子ども達と共に生きる1
●心優しき傷つきやすい人
、介護生活1:主夫になるということ
、病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・ひなた
 、その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
、スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■メルマガ登録お願いします。
 <マガジンID:0000151458>

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ



■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
感度経営をめざす素晴らしい会社です。

・おかんの法則
メルマガから出版化へ。夢をかなえたおかんのサイト。

・エリッキサー
義理の息子になってたかもしれないボブ君のサイト。

・広島きのぴーワールド
ブチおもしろい、広島弁丸出しのきのぴーサイト。

・YMB
山口県周南市のITコンサル、業務領域が広いよ。

・コンビニ副店長バックルームにて
コンビニ副店長@育夢(いくむ)さんのブログ


・naru<gatyapinさんのブログ
フリースクールで不登校や非行の子どもたちと接し、現在教師を目指すバレーボーラー。


「福祉の仕事.com」
メルマガ「現場のケイコです」

Pちゃん奮戦記
ピエロパフォーマー。感動つながり。



●皆様のご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。







Shiozyのシルクロード探検隊はこちら


  感動2題:この人に会った!   

  その2:感動プロデューサー・平野秀典さん  (05.5.5)

  
  懇親会にて(左:平野さん)


 「感動・感激・感謝-3kan.net-」

 このサイトが立ち上がって、実はまだ五ヶ月にしかならない。

 毎週の感動ネタづくりは、けっこうシンドイものがある。

 毎週の更新で、ネタ切れにならずによくやってきたな、と

 感慨深いものがある。


 このサイトを立ち上げようと決意したときの

 「運命的」な出会いから話を始めよう。


 介護生活@主夫になってから、スーパーに買物に行くのが

 週に一度の日課になった。

 最初の頃は、どこに何があるのか、当然のことながら分からない。

 検品や品出しをしている店員さんがいる。

 たずねようと思っても、忙しそうに働いているので、

 申し訳なくて声が掛けられない。

 仕方なく、何度もなんども売場をまわることになる。


 あるとき、ふと思った。

 「客商売なのに、お客様に背中を見せて仕事をしてるって、

 こんなことスーパーだけじゃない!」

 「なんかおかしいよね」



 世の中不景気で、既存店は対前年割れが続く中

 「お客様満足を高めよう」などと叫んではいるが、

 本当にお客様のこと考えているんだろうか?

 そんな疑問を持つようになった。


 ある日、取引先の社長さんが

 「Shiozyさん、この本読んでみて」といって

 平野さんの著書「感動力」を貸してくれた。

 お借りした本を、さあ読もうと机についたちょうどその時

 パソコンのメール着信音が鳴った。

 それがなんと、平野さんのメルマガだったのだ。


 本の中には、スーパーで感じた疑問の答えが書いてあった。

 すなわち、満足ではダメ、感動、感激、感謝を作り出さなければ。


 「おう、私が言いたかったのはこれだ!」

 サイトのネーミングが決まった!

 即、平野さんへメールを入れた。

 感動プロデューサーにふさわしい激励メールを

 平野さんは返してくれた。

 その激励を追い風に、一気呵成にサイトを立ち上げたのだ。


 そんな大恩ある人の公演(平野さんの場合講演とは言わない)なので

 何がなんでも参加しなければ。

 恋人に会うようなワクワク感で参加したのだった。

 ナマで聞く平野さんは、さすが演劇人だけに「腑に届く」声だ。


   「感情の方程式」

    怒り<不満<満足<感動<感激<感謝



 この解説に始まって、「メイクドラマの技」を

   ・シナリオ(脚本)

   ・プロデュース(演出)

   ・パフォーマンス(表現力)

 三つの要素に分けて説明してくれる。

 それぞれ世阿弥の理論を取り入れながら、
 素人にわかりやすく説明してくれる。

 例えばこういう具合だ。

 シナリオの基本「序・破・急」は「おや・まあ・へえ」という具合に。


 こう書いていくと、なんだかテクニックを教えているように見えるが、

 実はそうではない。

 平野さんは演劇人なので、つねに観客を意識している。

 これをビジネスに当てはめると、

 「お客様を意識する」ということになる。


    お客様から発想する。

    お客様が主体。


 この意識の持ちようを言ってるのだと思う。



 
「お客様のハッピーエンドをつくる」

 彼のこの言葉が印象的だった。

     
     
     

 と、ここまで書いてきたとき、またもや

 平野さんのメルマガが届いた。


 広島公演の興奮を、彼はこう語っている。

--------------------------------------------------

   ■広島感動公演は、

   会場を埋め尽くす参加者の皆さん。

   久しぶりの再会となった、我が感動ブラザーズ弟「団長」が、まず登場。

   来年2月に、インディーズバンドとしては無謀とも思える「高き志」で、

   武道館デビューライブを決めた経緯と、夢と、想いを熱く語ってくれました。

   団長は、約2ヶ月ぶりの再会だったのですが、
   一段とまぶしく輝いていました。

   彼らの夢を知りたい方は、
   http://www.ichirizuka.com/ の「日本武道館ライブ」をご覧ください。 


   控え室で聴いていて、すでに感動していた私は、
   ベンジャミンさんからいただいたオーラを全身に漂わせ、登場。

   実はあまりよく覚えていないほど、集中モードで熱演をしたようです(笑)


   東京に帰ってから、たくさんの感動メールをいただいて、
   そうだったんだ!!と気づきました(笑)

--------------------------------------------------

  ●平野さんの新刊本、発売決定!

   5月23日、日本を元気にする新刊「ハッピーエンドのつくり方」
   ダイヤモンド社より全国発売!

   本が「序破急」になっている?? 乞うご期待!