感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。

感動・感激・感謝-3kan.net-タイトル
Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2005年3月24日更新
最新エントリ配信

祝☆検索エンジンGoogle第一位表示達成!
SEO対策の参考にしてください。
感動・感激・感謝-3kan.net-Shiozyイラスト


<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

「サマンサ・コンシェルジェ」素晴らしいですね。
サマンサジャパンの小野社長様へよろしくお伝えください。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら
平野さんの著書「感動力」はこちら

感動・感激・感謝-3kan.net-感動力

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。


感動・感激・感謝-3kan.net-過去の記事

●介護生活1:主夫になるということ
●病床の父へ、毎日送るハガキ
●私の子でありがとう。天使・飛向(ひなた)
 その1:プロローグ

 たくさんの感想メールはこちら
 その2:長男のひとこと
 その3:生きていく勇気
 その4:つらいけど、感動がある
 天使・飛向(ひなた) 特別臨時号
●エッセイその3「孫自慢」
●エッセイその2「国民的涙涙感動」
●「おかんの法則」出版記念号
●エッセイその1「大阪のおばちゃん」

●素晴らしきかなパートさん2
<プレゼンまでやってのけるパートさん>

●感動をくれた「読者感想」
●素晴らしきかなパートさん
●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史




■日刊新周南新聞に紹介いただきました。
感動・感激・感謝-3kan.net-新聞記事
↑↑クリックすると拡大が見れます。



■リンクしていただいているサイトです。

・サマンサジャパン
感度経営をめざす素晴らしい会社です。

・おかんの法則
メルマガから出版化へ。夢をかなえたおかんのサイト。

・エリッキサー
義理の息子になってたかもしれないボブ君のサイト。

・広島きのぴーワールド
ブチおもしろい、広島弁丸出しのきのぴーサイト。

・YMB
山口県周南市のITコンサル、業務領域が広いよ。

・コンビニ副店長バックルームにて
コンビニ副店長@育夢(いくむ)さんのブログ

・naru<gatyapinさんのブログ
フリースクールで不登校や非行の子どもたちと接し、現在教師を目指すバレーボーラー。
















Shiozyのシルクロード探検隊はこちら

 
心優しき傷つきやすい人 (05.3.24)


  私にも若い女性の友人がいる。

  娘とあまり年の違わない、20代半ばの友人だ。

  この年頃の女性は「悩み」が多い。

  繊細であればあるほど、心が傷んでくる。

  ここに紹介する3名の女性も、
  心が優しいがゆえに傷ついてしまった人たちだ。

  
    過食症のKちゃん。

    拒食症のSさん。

    リストカッターのHさん。
 
写真はイメージです
(提供:きのぴー)


 ●Hさんは新婚ほやほや。

  しっとりと落ち着いて若奥様然としている。
  しゃべる物腰も穏やかそのもの。

  彼女の左手首には、いつもリストバンドがはめられている。

  最初会った時、そのリストバンドを見て、
  スポーツマン(レディ)だと勘違いしたほど、
  外見からは悩みがあるとは想像できない。

  人前では決してはずそうとしないリストバンドを
  一度はずして見せてもらったことがある。

    何本もの傷跡。

    一度や二度ではない傷跡。

    思わず頬擦りしてあげたくなった傷跡。


  私はなにもしてあげられない。
  ただただ、彼女の手首をさすってあげるだけだ。




 ●Sさんは身長が160センチもある。

  女性としては高いほうだろう。

  なのに、体重は35キロしかない。

  一般に、38キロを下回ると危険体重と言われる。
  なので、彼女も一生懸命体重を増やそうとしている。

  しかし、モノが喉を通らない。

  周りが心配してむりやり食べさせると、すぐにもどしてしまう。

  「風が強い日はまっすぐ歩けないのよね」と明るくジョークをとばすが、
  心の中では「太ることの恐怖」と戦っている。

  食べると太る。この強迫観念が取り除けない。

  「それだけ痩せてるんだから、少々食べたくらいじゃ、太りゃしないさ」
  そうアドバイスしても、体が受けつけない。心が受けつけない。


  彼女にも、私はなにもしてあげられない。
  ただただ、彼女の話を聞いてあげるだけだ。




 ●過食症のKちゃん。

  彼女の体験はすさまじい。

  「ファミレスで焼定食肉、ハンバーグ定食、カレーライス、みっつ食べてぇ、
  それからお好み焼きを二枚食べてぇ、あんぱん四つ食べても
  まだ食べた気がしないのよねぇぇ」

  「もう喉のところまで食べ物でうまってるっていうのにぃ、
  トイレで吐いてまた食べなおすのよねぇ」

  話を聞いてるだけで、胸がむかついてくる。

  「家で食べ物みんな隠されちゃってさ、
  食べるものがないから、農薬飲んじゃった」

  もうここまでくると、精神科へ強制入院となる。

  数ヶ月して退院。

  一週間もしないうちに、また再入院。この繰り返しだ。

  彼女とは定期的にメールのやり取りをしているが、
  返信が帰ってこないとき、それは彼女の入院を意味している。

  最近、久しぶりに彼女のほうからメールが来た。


    おじちゃん、元気ですか。Kでーす。
    やっと退院できたよ。(今回は長かった)

    んで、就職もしたよ。

    小さな会社だけど(社長と二人だけ)、
    それが逆にいいみたい。

    仕事みんな任せてくれるもん。
    やりがいあるよ。

    過食もなんか直りそうな、よ・か・ん。
   (社長には、過食のこともみんな話したよん)


  彼女にも、私はなにもしてあげられない。
  ただただ、陰ながら応援してあげるだけだ。


  心優しき傷つきやすい人たちへ。

  自分を責めなくていいんだよ。

  がんばろうなんて思わなくていいんだよ。

 
写真はイメージです
(提供:きのぴー)




    初めての方、メールマガジンへご登録ください。
   更新情報などお送りします。<もちろん、無料です>


  感動・感激・感謝-3kan.net- (マガジンID:0000151458)

  メールマガジン登録

  メールアドレス:
  
  メールマガジン解除
   メールアドレス:
  

  Powered by まぐまぐ