感動・感激・感謝-3kan.net-
あなたは最近<感動・感激・感謝>したことありますか?
心がほっとする癒し系の話はもちろん、
企業の<感動・感激・感謝><感動経営事例>もあわせてお届けします。


Shiozyの<感動・感激・感謝>ネタお届けします。

2004年12月30日更新

●次回更新は1月5日の予定。
●感動プロデューサー・平野さんからの素敵なプレゼントを発表する予定です。




<感動・感激・感謝>
 3kan.net の由来


このサイトのネーミング
<感動・感激・感謝>は感動プロデューサー・平野さんの理論から引用させてもらったものです。
彼は「感情の方程式」としてこう言っておられます。

怒り<不満<満足<感動<感激<感謝

ビジネスでよく言われる「顧客満足」
お客様の「満足」程度に安住していていいんですか?
と、警告しているんですね。

ということで、
「顧客満足の更にその先にある感動経営」
この事例をいろいろお届けしてまいります。


        ●

感動プロデューサー・平野さんより
うれしい応援メールをいただきました。



自分が書いた本が、お役に立っていることは、著者としてこの上ない幸せを感じる瞬間でもあります。

「サマンサ・コンシェルジェ」素晴らしいですね。
サマンサジャパンの小野社長様へよろしくお伝えください。

閉塞感漂う世の中に、ちょっとした工夫で、
感動を増幅させるビジネスがどんどん増えて欲しいですね。

3kan.net楽しみにしています。

感動プロデューサー
平野 秀典



平野さんの「100万人感動倶楽部」はこちら

平野さんの著書「感動力」はこちら

<感動・感激・感謝>
募 集
あなたの3感ネタお寄せください。
こちらまで
info@3kan.net

ご感想などもいただけるとうれしいですね。




●高卒Webコンサルタント
●スーパーで拍手がわきおこった
●サマンサ・コンシェルジェ
●自分史






お試し版が無料の専用頁はこちら
↑↑ズルズルと下のほうを見てください。
↑↑一番下に無料申し込みフォームがあります。


なんと「3kan<感動・感激・感謝>.net」開設を記念して、「検索エンジン上位表示マニュアル」を無料プレゼントしてくれるというのだ。

SEO対策のお勉強、気軽にやってみてください。ホームページをお持ちの方、必読ですよ。


マニュアル無料プレゼントは、応募者多数の為終了いたしました。

■■■速報■■■
マニュアル申込者のうれしい感想が届きました。

●マニュアル届きました。なんと元旦に!ホント感激しました。おかげで正月モードがふっとんで、SEOのお勉強してます。(苦笑)
<R・O@SOHO>




■先ほど新しい3kan.netを拝読しました。
バックヤードから他のスタッフさんが出てくるくだりでは、読んでてゾゾーッっと鳥肌が立ちました。
次も楽しみにしています。
ありがとうございました! <BOB>

<BOB>さんがくれた感想の感動話はこちら
↑↑一日で200ヒットした感動話です。



プチ☆感動は今回お休み(苦笑)


Shiozyのシルクロード探検隊はこちら
●前回<12.17更新>号に、「質問と私見」を載せましたところ
 思わぬ反響=賛意・反論・不満(苦笑)をいただきました。


●前回<12.17更新>号「質問と私見」はこちら

たとえば、


東京に大型の書店が相次いでオープンしたというテレビの特集がありました。
<中略>

その中で、ジュンク堂新宿店は「ポップ」を廃止しているそうです。
今はどこの書店でも店員の手書きのポップが全盛ですが、
ジュンク堂新宿店は図書館のような雰囲気になっているそうです。

ポップがない代わりに、各分野ごとにカリスマ店員を育成し、
「こんな本を探している」といえばどこの書棚にどんな本があるときちんと
アドバイスをしてくれるようになっているそうです。
そしてそれが評判になりつつあるようです。

こうしたカリスマ店員はどうやってもパートでは育成しきれないと思います。
正社員として採用し、会社に対するロイヤリティを高めた上でないと
難しいだろうなと思いました。

今回の「オオゼキ」さんも同じことなんだろうと思います。<M所長@住宅>



こういう長いメールをいただきましたし、

・社員化したらスーパーはもたない!<某流通>

・パートじゃだめなんですかぁぁぁ。<K・Y>

という短めのツッコミもいただきました。

私の舌足らずの為、誤解されてしまったようだと反省しております。

「パートをやめて、社員化せよ」というのが本旨ではありません。
「コスト競争より、お客様から発想することの方が大事じゃありませんか」
と言いたかったのです。

<M所長@住宅>さんの
「カリスマ店員はパートじゃダメ、社員として高いロイヤリティを持たせないと・・・」
というご意見には賛成しかねます。

「コストダウン(パート化)して、なおかつロイヤリティを高める」
「お客様から発想」できれば、こんな欲張りな方策が可能です。

ということで、この答えが↓↓今回のテーマです。



●素晴らしきかなパートさん (04.12.30)

もし、あなたの会社にパートさんがおられたら、ちょっと聞いてみてください。

「わが社の経営理念、言えますか?」と。

「???なんですそれ」って答えるに決まってますよね。

社員さんでさえ、答えられるかどうか???です。

時給800円のパートさんたちが、経営理念をきちんと答えられる。
答えるだけでなく、理念を実現するため行動できる。
こんな会社があるといったら、驚きませんか?


サマンサジャパン(株)では、毎年10月「パフォーマンス大会」が開かれる。

各職場から選ばれたパートさんたちが、
その年のテーマにそったパフォーマンスを発表する。
因みに今年(H16)のテーマは「New☆先進」。


彼女達は「お客様のために何ができるか」
「お客様の繁栄にどうしたら貢献できるか」

サマンサの「感動経営」という方針に従って
自分達のできる行動、そして夢を実演する。

たとえば、ある病院清掃班は「一期一会」というテーマをかかげ、
末期患者さんのために自分たちのできる「緩和ケア」サービスを提案する。

たとえば、量販店清掃班は「夢のかなたへ」をテーマに
未来のショッピングセンターを提案する。

そして、サマンサ・コンシェルジェチームは
「お客様から発想した店舗運営」を提案する、といったぐあいだ。

ここにあるのは、お客様の繁栄のために貢献する、といった具体的行動だけでなく、
自分達が勤めるクライアント先の「夢」をも描く、という姿勢だ。

自分達が勤める病院やホテルやショッピングセンターの
あるべき未来像を描くのだ。


こんなパートさんがいるだろうか?

病院やホテルやショッピングセンターの社員さんでさえ
自分達の職場の夢を描けないはずだ。

それを(失礼な言い方をすれば)一介の業者のパートに過ぎない人たちが
夢を語る。夢を描く。


このパフォーマンス大会には、来賓としてお客様(クライアント)が
多数招待参加している。

パフォーマンスを見終わった後、
彼らから感動の拍手が起こるのはいうまでもない。

素晴らしきかな、時給800円のパートさんたち、である。


パフォーマンス大会のひとコマ



教 訓

パート化をコストダウンの道具と考えている企業に、繁栄はない。

高いロイヤリティを
もったパートさんを育成することこそが繁栄の道だ。